読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Recreate the Universe, Redefine the World

あたらしいせかいのつくりかた。

一番重要な問いとはなにか

f:id:mikikoumeda:20151217093641j:plain

 

私たちが住んでいる、知っている世界は、相対世界。

それは、因果が働く世界。

AだったらB。CだったらD。

 

秩序によってすべてが成り立つ。

因果、つまり、「原因と結果」。

 

物事には必ず原因があり、生み出されたものが結果になる。

すべての存在が無いところから、有るようになっている。

ボールペンでも、食パンでも、情報でも、あなたの声でも。

 

「無い」から、「有る」へ。

至ってシンプルな話です。

 

そこで、考えてみてほしいことがあります。

人間が認識しうる最大の存在・有が、宇宙だとして。

その宇宙だって、無いときがありました。

 

私たちは、

宇宙が無いところから、どうやって有るようになったのか。

どんな素材から有るようになったのか、なぜ有るようになったのか。

それらを説明することが出来ていません。

 

私たちは、己を含む、「存在の原因」について、なに一つ知らない。

 

科学者たちは、数式のみでしか特異点の外に出ることが出来ておらず、

哲学者や精神世界の識者たちは、抽象的な「空」の概念に留まっていて、

有と無の関係性において、明確な答えを出すことが出来ていません。

 

つまり、因果が支配するこの相対世界の「原因」を、知らないんですね。

「因果を結果として生み出す原因」の世界ともなれば、

さらに高次元の話になってしまいます。

 

私たちが生きている世界は、結果の結果に過ぎません。

その中で、毎日を必死に生きている。

 

お金のことで、家族のことで、恋人のことで、

職場のことで、社会のことで、過去のことで、未来のことで、悩みます。

 

でもそれはまるで、人生がなんのゲームなのかも知らず、

ルールも知らず、なんのためにプレーするのかも知らない中、

まわりが走っているから走り続けて、その中で悩んでいるようなもの。

 

人間として生きる上で、

知らなければ何も始まらないことを、人間は知らない。

そのことすらも知らない。

 

知らないことを知らずに、生き続け、死に、そしてまた生まれる。

それが輪廻というものです。

 

問いを投げ、答えを得ることが出来る動物である人間が、

一番に問うべき質問とはなんでしょうか?

 

それは、

どうやったら幸せになれるのか、そもそも幸せとはなにか、

どうやったらお金持ちなれるのか、いい会社に就職できるのか、

どうやったら世界が平和になるのか、隣の人が笑顔になれるのか、

どうやったら自由になれるのか、自分らしく生きられるのか、ではありません。

 

一番重要なことを知らずに、

生き、悩み、走り続けることの限界を理解し、

この世界は、宇宙は、その中に生きる人間は、

その人間が作ってきた歴史は、社会は、未来は、

一体何によって、どのように、何のために、存在するのか?

その問いを持つこと。

 

様々な観点を統合する術を知らず、

情報知識の洪水が勢いを増す一方の世界で、

本質から外れた問いを投げ続けてきた結果、

個人も社会も、諦めと無気力の心になっているのかも知れません。

 

そんな究極のカオスが沸点に達する今の時代こそ、

本質を貫く問いを投げることが求められています。

 

その問いの必要性を理解し、反応することが出来るのか?

それが、この時代の、この国の、この文明の、

そしてあなたの分かれ道となり、

これから歩む未来への道筋を決定すると、私は明確に言い切ります。

 

答えは、あるから。