Recreate the Universe, Redefine the World

あたらしいせかいのつくりかた。

歓喜の歌

今年の4月に書いたものを見つけた
まるで大昔のように感じる

別の人格を作ってしまうくらい
自己否定が強かった自分

役立たずだから、迷惑をかけるから
どうせ人を愛せないんだから
自分に死ね死ねと攻撃する自分と
ただ泣いているだけの自分

振り返るのが不思議なくらい
もう思い出せないくらい
きれいにいなくなった今は

なぜあんなに苦しかったのか
自由になりたい叫びを感じていたのか
すべて分かる

必然

宇宙自然も
歴史文明も
時代精神
日本も

求めているものがある
叫んでいるものがある

そして人間の心は
大自由になりたい
解放されたいと叫んでる

わたしという存在を通して
人類の涙を観る
人類の叫びを聴く

自由になり、解放された今だから
自由にしたい、解放したい
ただそれだけの思いで

今日という日を無駄にせず
生きようとしている



*********************


感情も本当は
抱きしめてあげられたらいいのかな

喉が裂けるくらいに叫びたい
大声あげて泣きたい

悲劇のヒロインぶりたいとか
そんなんじゃなくて
ただ単純に

こんな狭いところにいたくない

自由に飛びたい
自由になりたい
限界はいらない

わたしが変わったら
希望になるかな

歓喜の歌が歌いたい

まずは一人で
そしてみんなで

いつまでも歌いたい

死ぬまで
死んでも
振り絞って


歌いたい
歓喜の歌