Recreate the Universe, Redefine the World

あたらしいせかいのつくりかた。

きれいなごみばこ

f:id:mikikoumeda:20150111232253j:plain

 

「どうして人って、これをきれいだと思うのかな?」

うろこ雲が浮かぶ青い空を見上げて、そう聞く人がいて。

 

「あなたはそう思うんだね」って答えました。

 

きれいだと思わない人もいるかも知れないな。

認識する宇宙って、人それぞれですからね。

 

でも大抵、人って自然を美しいって認識して、感動するみたい。

・・・どうしてだろう?

 

そこで、花屋さんの友人の言葉を思い出す。

花が一輪さしてあるだけでほっとするのは、

自分たちも元々は植物だったから。

 

なにもないところから、

存在を生み出して、光を生み出して、

鉱物になって、植物になって、動物になって。

 

長い長い旅の、通過地点にいた自分。

懐かしいのは、安心するのは、

きれいだと思うのは、当然じゃない?

 

「でもさ、人工物はきれいだと思わなくない?」

 

普通列車しか止まらない、

田舎駅の階段を登りながら、同じ人が聞く。

 

たしかに。

 

人が作るものだって、もとは同じところからやってきた。

つよいつよ〜い、意志を持って。

 

なのに、名前を付けて、意味価値を付けて、

血の通ってない「人工物」として存在させて。

きれいじゃないとか、不自然だとか言って。

 

きれいに思う空だって、

階段の汚れ切ったコンクリートだって、

手あかのついた黄色い手すりだって、ゴミ箱だって、

本当は尊厳の塊なんだなって。

 

今朝そんなこと考えたなって、

思い出したので書いてみました。

 

写真は海ノ中道